GPSSホールディングス株式会社

MENU

Grid Parity for Sustainable Society GPSS HoldingsGrid Parity for Sustainable Society GPSS Holdings

バイオガス発電事業Biogas Power Generationバイオガス発電事業Biogas Power Generation

バイオガス発電事業・開発の流れWhat we doバイオガス発電事業・開発の流れWhat we do

  • ① 企画・事業調査

    家畜排泄物、食品廃棄物、汚泥などバイオガス生成に必要となる有機性廃棄物(バイオマス)の種類、量、質、収集方法を調査。バイオマス発酵後の消化液など副産物の有効利用も検討し循環サイクルが可能となる土地を選定します。

  • ② 地域合意

    地域コミュニティとの共同事業スキーム(出資や資金調達スキーム等含む)を策定し、同時に開発や事業に関する地域内の合意形成を行う。

  • ③ 実現可能性調査

    施設立地条件、環境条件の調査とともに関連法規を精査。また事業リスクや発電量を想定し、より収益性の高い発電所建設を目指します。

  • ④ 申請・設計

    事業化決定後、発電所の詳細な設計を行い、経済産業省からIDの取得及び電力会社と接続契約を締結します。

  • ⑤ ファイナンス

    グループ内の金融部門は第二種金融取引業の資格を有しており、事業化に必要な資金調達を行います。

  • ⑥ 発電所建設

    必要部材の調達を行い、法令遵守の下、建設・電設部が発電所の建設を行います。

  • ⑦ 系統連系

    発電所完成後、電力系統に接続し電力会社への売電を開始。

  • ⑧ 保守・管理

    自社開発のモニタリングシステムにより24時間体制で遠隔監視を行います。発電に異常があれば現地へ赴き対応します。

バイオガス発電の持つポテンシャルBiogas Power Potentialバイオガス発電の持つポテンシャルBiogas Power Potential

地方自治体と共同事業を目指します。基本的には当社でEPC(設計・調達・建設)を行いながら、設備投資水準の低減を行うことで、現状では事業化が難しい案件も組成及び事業を行います。中でもバイオガス発電システム及びバイオガス生成プラントの供給では、欧州メーカーと提携して効率を高めつつコスト構造の転換を目指します。

用地募集 Land Owners Sought for Partnership用地募集 Land Owners Sought for Partnership

バイオガス発電Biogas Power Generation募集内容バイオガス発電Biogas Power Generation募集内容

  • 1メタン発酵の原料が安定的に獲得できる土地
  • 2既に消化ガスが発生している消化槽のある土地

※売買・賃貸どちらでも可。20年以上継続して利用できる土地。下記以外も応相談。農地の場合は農業振興地域整備計画において指定する農地を除く(農振除外地であれば可)。バイオガス発電の適地かどうか簡易調査致します。調査したい土地の住所を添えて下記までお問合せください。

お気軽にご相談ください お電話でのお問い合わせTel : 03-6435-2391《受付時間 10:00~18:00》お問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせTel : 03-6435-2391《受付時間 10:00~18:00》メールでのお問い合わせ03-6435-2391

その他の再エネ分野その他の再エネ分野

  • 太陽光発電事業Solar Power Generation太陽光発電事業Solar Power Generation
  • 地熱発電事業Geothermal Power Generation地熱発電事業Geothermal Power Generation
  • 風力発電事業Wind-Power Generation風力発電事業Wind-Power Generation
  • 小水力発電事業Small Hydroelectric Generation小水力発電事業Small Hydroelectric Generation