GPSSホールディングス株式会社

日本における再生可能エネルギーのポテンシャルは

スピーディーに導入可能。太陽光発電
設置する地域にほぼ制限がなくスピーディな導入が可能。山岳部、農地など送電設備のない遠隔地の電源としても有効であり、日本の導入実績はドイツとともに世界をリードする存在。
世界第3位の保有量。地熱発電
昼夜を問わず天然の蒸気が噴出するため24時間の安定的な発電が可能。発電に使った高温の蒸気や熱水は、農業用ハウスや魚の養殖、地域の暖房などへの再利用も。
適地が多く低コスト。風力発電
大陸と太平洋に挟まれ偏西風が吹く日本には、洋上も含め適地が多い。風さえあれば夜間も発電可能なうえ再生可能エネルギーの中では発電コストが比較的低く、工期の短さも大きなメリットに。
自然の形状を活用。小水力発電
山岳地帯を持ち水も豊富な日本では候補地が多く、自然の形状をそのまま発電に利用可能。今まで発電に使われていなかった中小の河川や用水路も、地域の大切なエネルギー資源に。
廃棄物が資源に。バイオガス発電
農産漁村の家畜排泄物や生ゴミなどのバイオマス資源をガス化することで、場所を選ばず24時間の発電が可能に。未活用の廃棄物が資源となり、循環型社会に大きく貢献

それは、1つの自然エネルギーだけで、電力の安定共有を叶えることはできないから。
GPSSホールディングスなら、たとえば夜間の発電が不可能な「太陽光」のデメリットを、
24時間安定して発電できる「地熱」や「バイオガス」で補うことも。
自然環境に応じて「風力」や「小水力」を組み合わせることも。
それぞれの再生可能エネルギーの特長を活かし、それぞれの地域がもつ資源を最大に活かし、
GPSSホールディングスは 「自然エネルギーのベストミックス」で最上のソリューションを提供。
100%再生可能エネルギー社会を地域レベルで実現していきます。

再生可能エネルギーのポテンシャル。そこには、地域の自立を叶えるチカラも。

再生可能エネルギーが地域エネルギーの主役になることで、
地元経済が拡大し、産業や観光が活性化する。
新たな文化が生まれ、人が集まり、
やがてエネルギーの消費地としても成熟していく。
GPSSホールディングスは、
その土地に最適なエネルギー環境の創造を通じて
地域社会の自立と持続化を応援していきます。